当サイトはAWSからGoogle Cloud Platformに乗り換えました!

当サイトはAWSからGoogle Cloud Platformに乗り換えました!

ご無沙汰してます。超久しぶりな投稿になってしまいました。
え?サイトの存在自体忘れてただろって?
そんなことありませんよ。なにせ月3千円ほどの請求がAWSからきていますからね。金欠な僕が忘れるわけもありません。

こんな規模のサイトなのに、Webサーバとデータベースを分けて構築し足りしているので、高くなってます。これはAWSが悪いわけではなく、構成のせいだと思います。
でも、AWS上で構成考えて、、、DB引っ越しして、、、ってするの正直めんどいなぁと思ってました。

そこでこんな記事を発見。
【※2020/1/1より約300円/月が有料になります】1時間で出来る!最強のWordPress環境構築(永久無料※2019/12/31まで) – Qiita
僕「な、なんやと!?」
というわけでやってみました。

手順

手順は本当にこちらに説明されているとおりです。基本ポチポチとやっていくだけ。
なんかハマったり、というのは全くなく。本当に簡単でした。

いいとこ

1.安い

本当に安い。Googleさんありがとう。
※AWSでも、構成を見直し、年間契約にするなどの作業を行えば料金を抑えることはできます。

2.サーバ立てるの超簡単

びっくりしました本当に。
これはAWSとかGoogleとかそういう話ではなく、BitnamiがMarketplace公開しているプロダクトのおかげです。

もともとこのサイトは勉強の意味も込めて、自分で構築しました。Nginxを入れて、MySQLを入れて、Wordpress持ってきて、設定変えて・・・と思ってたより大変でした。
このプロダクトは、WordPressが必要とするミドルウェア群をコンテナとして含むLinuxサーバを一瞬で構築してくれます。ポチポチして少し待ったらもうブログが立ち上がります。本当に。
「簡単やんけ!」と思いつつ、コンテナの知識が乏しいので、「もっと勉強しないとな・・・」と思ったのでした。

3.移行するの超簡単

Google Cloud Platform上にWordpressが立ったので、あとはWordpress一式をお引越しするだけです。
Wordpressのお引越しは、大きく以下の3つを行う必要があります。

  • DBの移行
  • テーマや設定などのWordpressファイル一式の以降
  • アップロードした画像などの移行(別管理されている場合)

難易度は高くないのですが、単純に面倒です。笑

そこで今回使ったのが、All-in-One WP MigrationというWordpressの引っ越しを強力に支援するプラグインです。

手順は簡単で、

  1. 元のサイトでプラグインをインストール。
  2. プラグインを利用して、ファイルにエクスポート。ファイルをダウンロードする。
  3. 引っ越し先のサイトにプラグインをインストール。
  4. 先ほどダウンロードしたファイルをImportからアップロード。

たったこれだけです。
ただ、ファイルサイズがこのサイトで100MBを超えたので、あまり大きいサイトは別の方法でエクスポートしたほうがいいかもしれません。

ちなみに、Bitnamiのプロダクトで作成したWordpressには、標準でこのプラグインがインストールされています
なので実質3ステップ!

まとめ

  • Google安い(おそらく)
  • Marketplaceから作成すると本当に早い&簡単
  • 移行もプラグインで楽々

維持費も安くなったので更新頑張ります。